内申基準早見表

高校受験で大学付属校が人気 駿台模試 2020 年8月の動向

『サンデー毎日』2020 年 10 月 25 日号

首都圏・関西圏 高校入試 最新情報
公立より私立に人気集中?
コロナで志望動向に“異変”

と題した記事を掲載しました。

広告


大学付属校に人気集まる

記事によれば、駿台中学生テスト(8月)の第1志望校調査結果から、

  • 法政大学第二法政大学国際中央大学附属横浜の志願者数が「大きく増えた」こと
  • 日本大や明治学院大の付属校なども、志願者が大幅に増加している」こと

が分かるといいます。


中央大学附属横浜の「合格確約」について

参考 神奈川県の私立併願制度を塾講師が分かりやすく説明します受験を超えて

他校では基本的に「併願基準」と言われる数値をクリアしていれば、全員(時には 1000 人以上)が確実に確約を取れるのですが、中大横浜は 2018 年度より併願に定員を作り、調査書での数値が上位の人から確約を決めていくように変更となりました。

場合によっては目安となる併願基準を満たしていても定数に達した場合、あぶれた生徒は「差し戻し」となり、他の併願校を探すことになります。これは 12 月 15 日〜 16 日の中学校から高校に対して行われる「教育相談」の時に判明するため〔後略〕

※強調はカナガクによります。

参考文献

中本順也,「神奈川県の私立併願制度を塾講師が分かりやすく説明します」『受験を超えて――鎌倉の進学塾 塾長が考える、受験と国語とその先のこと――』,https://offspleiades.net/heigan/,2017 年9月 26 日.


MARCH 志願状況 2020


日大日吉 基準内申点 2021

日本大学高校(日吉)推薦・一般併願入試 基準内申点 2021

広告


Twitter