私立高校 内申基準早見表

橘学苑と保護者らとの裁判、9月 11 日に横浜地裁で始まる

橘学苑裁判、11 日に始まる

学校法人橘学苑外を被告とした民事裁判が9月 11 日(金)に横浜地方裁判所で始まります。学苑によれば原告は「卒業生の保護者2名、在校生の保護者 21 名、現職教員5名」。

学苑は

を運営しています。


時刻等・事件番号

時刻等

10:00

事件番号

令和2年(ワ)第 2002 号


裁判の内容

橘学苑は今年7月 20 日、保護者宛に「お知らせ」を配布し、訴状の内容が「学苑経営、部活動運営、労働問題等、多岐にわたって」いるとしています。


学苑は生徒第一の学校運営続ける

保護者と現職教員とが原告の裁判が始まりますが、学苑は訴訟に影響されることなく、これまで通り生徒第一の学校運営を進めます。

2021 年度入試に向けた募集活動も通常通り継続します。


傍聴について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、横浜地方裁判所では現在、傍聴席の間隔を広く空けています。また今回の裁判では原告の人数が多く、その一部が傍聴席に回る模様です。

当日、傍聴券を配布する予定はなく、傍聴は先着順となります。

このため一般の傍聴はやや難しいかもしれません。


Sources

学校法人橘学苑,「お知らせ」,https://netty.lekumo.biz/tachibana/files/720.pdf,2020 年7月 20 日.

Internet Archive

https://web.archive.org/web/20200908074113/https://netty.lekumo.biz/tachibana/files/720.pdf