内申基準早見表

人権擁護委員は市町村長が推薦 相談業務等未経験可 無報酬

法務省はホームページ上に「人権に関する資料など」を掲載しています。

資料のなかの「人権擁護委員リクルート用冊子」には、中学生人権作文コンテスト子ども人権 SOS ミニレターなどの活動を行っている人権擁護委員の詳細が書かれています。

広告


人権擁護委員の委嘱フロー

人権擁護委員はどのように決まるのでしょうか。

リクルート用冊子によれば、法務大臣が人権擁護委員を委嘱するまでのフローは以下の通りです(強調はカナガクによります)。

  1. まず,市町村長が地域の中でふさわしい候補者(人格識見が高く,広く社会の実情に通じ,人権擁護について理解のある人)を選び
  2. 議会の意見を聞いた上で
  3. 法務局(地方法務局)へ推薦します。
  4. そして,法務局(地方法務局)において弁護士会及び人権擁護委員連合会に意見を求めて検討した後,
  5. 法務大臣が委嘱します。

このフローのなかで特に大切だと思われるのは最初の市町村長による推薦です。各市町村長が、それぞれどのような方を推薦しているのか気になるところです。

川崎市の例

各区川崎市内人権擁護委員一覧(令和元年7月1日現在)
川崎区阿野順一、石塚邦子、金子のり子、中村紀美子、山川政子、吉野道雄
幸区伊藤俊州、内田仁美、小田友一、酒井道子、土屋佐由美、出澤健一郎
中原区井上とき子、阪本智子、峪スミ子、中田泰光、山本雅道、渡邉新治
高津区石堂眞理子、内田三枝子、大野三津子、関口英明、中村博史、渡邉壽久
宮前区浮岳亮仁、小関有紀子、篠田隆志、津田和子、花里真里、平井賞子
多摩区飯沼祐順、遠藤悟、小林秀夫、髙田邦夫、平尾康子、山田雅太
麻生区岡崎チズル、掛井孝明、名古屋洋一、根来雄史、野島敏昭、宮沢多佳年

川崎区を例に採ると、阿野順一さんは弁護士、石塚邦子さんは川崎市青少年指導員、金子のり子さんは税理士、中村紀美子さんは水神社宮司・川崎区文化協会会長、山川政子さんは市立浅田小学校の元教員、吉野道雄さんは川崎市青年指導員です。

川崎市,「人権擁護機関について」,http://www.city.kawasaki.jp/250/page/0000053620.html,2019 年7月1日.

藤沢市の例

藤沢市域の人権擁護委員の六人が、九月三十日をもって任期満了となるため、委員を推薦することについて、議会の意見を求めるもの。議会はこれに同意した。

任期は平成二十七年九月三十日までの三年間

  • 横山佳夫氏(再推薦、村岡東三丁目在住)
  • 常澤紀久子氏(再推薦、葛原在住)
  • 松岡紀臣氏(再推薦、羽鳥三丁目在住)
  • 山森良一氏(再推薦、片瀬五丁目在住)
  • 澁谷晴子氏(新規推薦、片瀬山五丁目在住)
  • 平松直子氏(新規推薦、辻堂二丁目在住)

「ふじさわ市議会だより」No.206,2012 年7月 25 日.


無償ボランティアで、未経験可

人権擁護委員に「報酬はありません」。

相談業務等の経験が全くない方でも務められるよう、様々な研修の機会があります。


Sources

法務省,「人権に関する資料など」,http://www.moj.go.jp/JINKEN/index_shiryo.html,2020 年7月 14 日閲覧.

法務省,「人権擁護委員リクルート用冊子」,http://www.moj.go.jp/content/001286356.pdf,2020 年7月 14 日閲覧.