全公立博 2020

通学電車の混雑率 首都圏鉄道路線乗車状況 2018

国土交通省は「令和元年度 首都圏整備に関する年次報告」71 ページ

目標混雑率 180 %を超えている個別路線(11 路線)(平成 30(2018)年度)

を掲載しています。これを見ると、首都圏の鉄道で特に混雑する路線・区間が分かります。


首都圏鉄道混雑率・混雑区間 ’18

混雑率路線名区間事業者
199%東西線木場→門前仲町東京地下鉄(株)
197%横須賀線武蔵小杉→西大井東日本旅客鉄道(株)
196%総武緩行線錦糸町→両国東日本旅客鉄道(株)
191%東海道線川崎→品川東日本旅客鉄道(株)
189%日暮里・舎人
ライナー
赤土小学校前→西日暮里東京都交通局
185%京浜東北線
(北行)
大井町→品川東日本旅客鉄道(株)
184%南武線武蔵中原→武蔵小杉東日本旅客鉄道(株)
183%埼京線板橋→池袋東日本旅客鉄道(株)
182%中央快速線中野→新宿東日本旅客鉄道(株)
182%田園都市線池尻大橋→渋谷東京急行電鉄(株)
181%総武快速線新小岩→錦糸町総武快速線

広告


参考:混雑率

  • 混雑率150%:肩が触れあう程度で、新聞が楽に読めるような状態。
  • 混雑率180%:体が触れあうが、新聞は読める状態。
  • 混雑率200%:体が触れあい相当圧迫感があるが、週刊誌程度なら何とか読めるような状態。

【Sources】https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001348419.pdf