令和3年度 神奈川県公立高校入試日程

猪熊建夫氏の持論「ノーベル賞受賞者が『名門』の条件」

『サンデー毎日』2020 年2月 23 日号(2月 10 日発売)から、猪熊建夫さんの連載

日本を動かす真の人脈
高校風土記

が始まりました。


ノーベル賞で名門校?

第1回の記事中「名門校と単なる受験校の違いは?」と題した部分で猪熊さんは

ノーベル賞受賞者を出せば「名門」と呼びたいが、そうでなければ「受験校」にとどまる、というのが筆者の持論だ。

と述べています。

この論に従うと、神奈川県内で「名門」と呼べるのは

  • 横須賀高校
    2002 年 ノーベル物理学賞 小柴昌俊さん
  • 湘南高校
    2010 年 ノーベル化学賞 根岸英一さん

の2校のみとなってしまいます。


県内には(もちろん県外にも)、各々の自負を持つ多くの高校があります。そうしたさまざまな高校に対して「ノーベル賞受賞者を出さなければ『名門』とは呼べない」という趣旨の「持論」を書くのは不適切に感じられます。

なぜそこまで「ノーベル賞」にこだわるのかもよく分かりません。

猪熊さんに「名門」と呼ばれるかどうかを気にする必要もないのでしょうが、この「持論」は、大衆誌上でキャッチ―な書き方を追求した結果として生まれてしまったもので、氏の本心ではないのではないかと思われます。