神奈川県入試 暫定倍率 2020

受検者数 24 人でも「追検査」制度は存続が望ましい

神奈川県公立高校入試では 2018(平成 30)年度入試から「追検査」が導入されています。

この背景のひとつに、2016 年に相模原市で起きた事件があります。


参考1

横浜いのちの電話

横浜いのちの電話 045-335-4343

毎日・24時間体制で相談を受けています。
名前をいう必要はありません。相談内容の秘密は必ず守ります。

http://www.yind.jp/consult.html

川崎いのちの電話

川崎いのちの電話 044-733-4343

24時間いつでもかけられます。
匿名で相談でき秘密を守ります。

http://kawasaki-inochinodenwa.jp/denwa.html

神奈川県精神保健福祉センター

神奈川県精神保健福祉センター
相談窓口一覧
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f70211/p325359.html


参考2

厚生労働省
「WHO……メディア関係者のための手引き(2008年改訂版日本語版)」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000133759.html


2016 年2月 相模原市での事件

2016 年2月 18 日夜、インフルエンザのため公立高校入試で手ごたえを感じられなかった男の子とその母親との事件が発生しました。

神奈川新聞カナロコ
「……」
http://www.kanaloco.jp/article/153767
2016 年2月 20 日

こうした事件が繰り返されることがないようにするためにも、「追検査」制度の存続が望ましいといえます。