神奈川県入試 暫定倍率 2020

志願変更最終日の志願者数の変動を神奈川全県模試が解説

神奈川県公立高校入試において、志願変更最終日にはどれくらいの志願者数変動があるものなのでしょうか。

神奈川全県模試は Twitter で、2016(平成 28)年度入試における変動を丁寧に説明しています。


志願3日目は予備日 変動はほぼない

まず、志願期間(平成 31 年度入試では1月 28 日から 30 日までにあたる期間)の最終日は「予備日」であり、志願者数の変動はほとんどないといいます。

広告


志願変更3日目は変動がある

その一方、平成 28 年度入試の志願変更期間(平成 31 年度入試では2月4日から6日までにあたる期間)最終日には、少なからぬ変動がありました。

平成 28 年度入試日程

平成 28 年度入試における志願変更の日程は

平成 28 年2月4日(木)から2月8日(月)まで

でした。

まさにツイートにある通り、志願変更2日目と最終日との間に土日が挟まっています。

平成28年度 神奈川県公立高校入試の日程を教育委員会が発表
https://kanagaku.com/archives/6767

広告


低倍率の高校には最後まで増える可能性

定員割れの場合、また、低倍率の場合には、最後まで志願者数が増える可能性があります。


志願者数が減った例は?

一方、大幅に志願者数が減る例はあまりないようです。


週末を挟まない平成 31 年度入試はどうなる?

平成 31 年度入試では、志願変更2日目と3日目(最終日)との間に週末が挟まっていません。

このため、平成 28 年度入試のときよりも、日程的には志願変更をしづらいものと思われます。

しかし、年々制度の周知が進んでおり、特に定員割れ・低倍率の高校については、予断を許しません。