「児のそら寝」定期試験問題・解答 関東学院高校 H26


平成26年度 関東学院高校1年生 1学期中間試験では、「児のそら寝」から以下のような問題が出題されました。

「児のそら寝」定期試験問題

問一

①~⑩を現代語に直しなさい。

  • ① つれづれに
  • ② いざ
  • ③ 心寄せ
  • ④ わろかり
  • ⑤ 定めて
  • ⑥ おどろかせたまへ
  • ⑦ いらへ
  • ⑧ 待ちけるかともぞ思ふ
  • ⑨ 念じて
  • ⑩ な起こしたてまつりそ

問二

A~Cの助動詞「む」「むず」の意味を次から選び記号で答えなさい。

  • ア 推量
  • イ 意思
  • ウ 勧誘

問三

この文章の内容に合致するものを次から選び記号で答えなさい。

  • ア 僧たちは、児を困らせようとしてわざと夜遅くなってから、ぼたもちを作り始めた。
  • イ 児は、呼ばれてすぐ返事をするのが恥ずかしかったので、後からこっそり起こしてもらうのを待っていた。
  • ウ 僧たちは、児が寝入ってしまったので、児を起こさないように気を遣っていた。
  • エ 児は、僧たちが食べているぼたもちを食べたかったので、我慢できず遅れて返事をして笑われた。

次の①~⑩の活用形を後から選び記号で答えなさい。

これも今は昔、比叡の山に児①(あり)けり。僧たち、宵のつれづれに、「いざ、かいもちひせ②(む)。」と言ひけるを、この児、心寄せに聞きけり。さりとて、し出ださむを③(待ち)て④(寝)ざらむも、わろかりな⑤(む)、と思ひて、片方に寄りて、寝たるよしにて、出で来るを待ちけるに、すでにし出だし⑥(たる)さまにて、ひしめき合ひたり。

この児、定めておどろかさむずらむと、待ちゐたるに、僧の、「もの申しさぶらはむ。おどろかせたまへ。」と言ふを、⑦(うれし)とは思へども、ただ一度にいらへむも、待ちけるかともぞ思ふとて、今一声呼ば⑧(れ)ていらへむ、と念じて寝たるほどに、「や、な起こしたてまつりそ。幼き人は寝入りたまひ⑨(に)けり。」と言ふ声のしければ、あなわびし、と思ひて、今一度起こせかし、と思ひ寝に聞けば、ひしひしと、ただ食ひに食ふ音のしければ、すべなくて、無期ののちに、「えい。」といらへたりければ、僧たち⑩(笑ふ)ことかぎりなし。

  • ア 未然形
  • イ 連用形
  • ウ 終止形
  • エ 連体形
  • オ 已然系
  • カ 命令形

答え(学校発表)

問一

  • ① 退屈さ
  • ② さあ
  • ③ 期待して
  • ④ よくない
  • ⑤ きっと
  • ⑥ 目を覚まして下さい
  • ⑦ 返事する
  • ⑧ 待っていると思われたら困る
  • ⑨ 我慢して
  • ⑩ お起こし申し上げる

問二

  • A ア
  • B ア
  • C イ

問三

  • ① イ
  • ② ウ
  • ③ イ
  • ④ ア
  • ⑤ ウ
  • ⑥ エ
  • ⑦ ウ
  • ⑧ イ
  • ⑨ イ
  • ⑩ エ

Related Posts

広告


Tags

Ads: 日能研, スタディサプリ, Z会, マイナビ進学