神奈川県立高校改革 校名変更(検討)対象校一覧表 2017~2020年


神奈川新聞は3月14日の紙面で、県立高校改革に伴う校名変更(検討)対象校のリストを掲載しました(5面左上)。

校名変更(検討)対象校

現学校名再編・統合相手校時期理由
大師-2017年4月学科改編
横浜緑園総合-2017年4月学科改編
横浜清陵総合-2017年4月学科改編
吉田島総合-2017年4月学科改編
小田原総合ビジネス-2017年4月学科改編
横浜国際-2017年4月学科改編
三浦臨海平塚農業初声分校2018年4月再編・統合
平塚農業平塚商業2019年4月再編・統合
高浜平塚商業定時制2020年4月再編・統合
氷取沢磯子2020年4月再編・統合
横須賀明光大楠2020年4月再編・統合
弥栄相模原青陵2020年4月再編・統合

広告


校名変更(検討)の理由

各校の校名変更(検討)の理由は以下の通りです。

大師、横浜緑園総合、横浜清陵総合

総合学科から単位制普通科に変わるため。

吉田島総合

総合学科から専門学科に変わるため。

小田原総合ビジネス

専門学科に普通科を新設するため。

横浜国際

専門学科の分類が変わるため。


その他の高校の校名変更(検討)の理由は再編・統合によるものです。

県立高校校名検討懇話会

神奈川新聞は

前回改革では県教育委員会に「県立高校校名検討懇話会」を設置し、原則として学科改編と再編・統合を行ったすべての学校の校名を変更した。今回も同様の対応をしていく見通しだ。

と書いています。

紙面のマスコットキャラクター、ホントかにゃー太は

これまで唯一校名に「総合」のつかない総合学科だった大師は、このままでもよさそうにゃ。

などと話していますが、果たして各校の校名はどのようになるのでしょうか。


Related Posts

広告


Tags

Ads: 日能研, スタディサプリ, Z会, マイナビ進学