合格可能性 80 %基準値 2023

神奈川県公立高校入試 学校別第1次選考ボーダー 2022

声の教育社2023 年度用 神奈川県 高校受験案内は、神奈川全県模試(伸学工房)が行った

令和4年度 神奈川県公立高校入試に対する追跡調査結果

を掲載しています。ここでは、各高校の紹介ページ中「ワンポイント・アドバイス」に掲載されている「第1次選考のボーダー」(合格者最低点)を一覧表にまとめました。

表中「ボーダー」列は原則として af+bg 値800 点満点ですが、特色検査実施校などで満点が異なる場合があります(「備考」列参照)。


神奈川県公立高校入試 第1次ボーダー 2022

学校名(特色#)ボーダー備考
横浜翠嵐高校 671035/1200
川和高校 35925/1100
神奈川総合高校 個性650
神奈川総合高校 国際640
神奈川総合高校 舞台640
市ケ尾高校625
市立東高校570
港北高校560
元石川高校540
鶴見高校540
岸根高校505
荏田高校475
霧が丘高校425
城郷高校455
新栄高校385
新羽高校370
白山高校 普通345
鶴見総合高校350
横浜サイエンス 独自1015/1200
多摩高校 46950/1200
新城高校645
生田高校580
市立橘高校 普通575
住吉高校510
市立高津高校500
麻生高校450~455
川崎高校430
川崎北高校420
百合丘高校415
市立幸高校 普通410
生田東高校375
菅高校330
光陵高校 47900/1100
希望ケ丘高校 36920/1100
横浜平沼高校 35960/1200
市立桜丘高校615
市立戸塚高校 一般595
松陽高校590
瀬谷高校505
金井高校430
舞岡高校430
旭高校405
上矢部高校 普通370
横浜緑園高校380
横浜桜陽高校330
横浜旭陵高校270
商工高校 技術320
商工高校 ビジ360
二俣川看護福祉高校 看護470
二俣川看護福祉高校 福祉390
柏陽高校 461020/1200
横浜緑ケ丘高校 461000/1200
市立金沢高校628
市立南高校590
横浜栄高校530
みなと総合高校555
横浜氷取沢高校450
横浜清陵高校485
横浜立野高校435
横浜南陵高校415
金沢総合高校420
永谷高校300
横浜商業高校 商業480
磯子工業高校 機械・電気280~290
磯子工業高校 建設・化学300~310
横須賀高校 46890/1100
追浜高校610
横須賀大津高校500
横須賀総合高校510
津久井浜高校445
逗葉高校385
三浦初声高校 普通350
三浦初声高校 農業280
横須賀南高校 福祉330
湘南高校 35987/1100
鎌倉高校 47880/1100
茅ケ崎北陵高校 34875/1100
大船高校550
七里ガ浜高校572
藤沢西高校570
湘南台高校565
鶴嶺高校520
茅ケ崎高校480
深沢高校430
藤沢清流高校410
藤沢総合高校430
茅ケ崎西浜高校360
寒川高校290
藤沢工科高校290
平塚江南高校 45895/1100
秦野高校560
大磯高校500
伊志田高校515
秦野曽屋高校390
伊勢原高校420
高浜高校380
二宮高校340
秦野総合高校320
座間総合高校400
平塚湘風高校270
平塚農商高校 ビジ375
小田原高校 35890/1100
西湘高校510
足柄高校390
山北高校330
小田原東高校 普通320
厚木高校 67985/1200
大和高校 34895/1100
海老名高校600
座間高校585
大和西高校505
厚木東高校510
有馬高校455
厚木西高校440
綾瀬高校445
厚木北高校 普通380
大和南高校370
厚木清南高校325
綾瀬西高校340
中央農業高校350~380
厚木商業高校375
相模原高校 34900/1100
相模原弥栄高校 普通610
麻溝台高校580
上溝南高校500
橋本高校475
上溝高校465
上鶴間高校370
相模田名高校370
城山高校375
神奈川総合産業高校430
相原高校 ビジ430

広告


選考基準

神奈川県公立高校入試 選考基準 各年度版リンク
https://kanagaku.com/senkokijun

神奈川県公立高校入試 第1次選考基準 2022
https://kanagaku.com/archives/47624


関連記事

神奈川県公立高校入試 学校別合格者平均点 内申・入試・偏差値
https://kanagaku.com/gokakuheikin


特色検査実施校について

筆記型の特色検査を実施する学力向上進学重点校と同エントリー校、横浜サイエンスフロンティア高校については「備考」列に S1 値でのボーダーライン目安を記載しました。

各校校名のうしろの数字(横浜サイエンスは「独自」)は「共通選択問題」の採択状況を表します。

柏陽高校・横浜緑ケ丘高校・多摩高校の3校は

  • 共通選択問題の採択状況が同じで
  • 比率 fghi がすべて等しく
  • 重点化もない

ため、同じ 1200 点満点で比べることができます。

一方、横須賀高校は共通選択問題の採択状況が「46」という点で上記3校と同じですが、「比率3521の重点化あり」のため、S1 ボーダーによる比較はできません。

市立高校の学校名表記について

市立高校の学校名表記については、普通科の場合「市立」を残しています。総合学科・専門学科の場合には「市立」も削りました。

横浜サイエンスフロンティア高校については「フロンティア高校」も削りました。

広告


SNS

Twitter 神奈川全県模試(伸学工房)

Twitter 声の教育社

YouTube 声の教育社


参考文献

声の教育社,2023 年度用 神奈川県 高校受験案内54 ~ 296 ページ,2022 年7月 初版第1刷.