合格可能性 80 %基準値 2023

神奈川県公立高校 学校別男女比 2023 入試用 声の教育社版

声の教育社2023 年度用 神奈川県 高校受験案内では、掲載している各高校の男女別生徒数を知ることができます。

ここではそのなかから、神奈川県内にある公立高校の

  • 男子生徒比率(%)
  • 女子生徒比率(%)
  • 男子生徒数(人)
  • 女子生徒数(人)

をまとめました。


神奈川県公立高校 学校別男女比 2023 年度入試用

学校名男子
(%)
女子
(%)
男子
(人)
女子
(人)
横浜翠嵐高校67.1%32.9%707347
川和高校44.2%55.8%419529
神奈川総合高校29.1%70.9%227553
市ケ尾高校46.7%53.3%554633
市立東高校50.3%49.7%409404
港北高校49.3%50.7%487500
元石川高校44.7%55.3%474587
鶴見高校49.9%50.1%469470
岸根高校48.4%51.6%459489
荏田高校52.0%48.0%614567
霧が丘高校52.4%47.6%578525
城郷高校39.8%60.2%327494
新栄高校46.3%53.7%493572
新羽高校47.5%52.5%552610
白山高校48.8%51.2%441462
鶴見総合高校38.4%61.6%280450
田奈高校51.1%48.9%158151
横浜サイエンス72.6%27.4%508192
神奈川工業高校80.6%19.4%728175
多摩高校56.5%43.5%467359
新城高校46.7%53.3%387441
生田高校55.8%44.2%614486
市立橘高校46.1%53.9%380444
住吉高校48.5%51.5%518551
市立高津高校45.5%54.5%373446
麻生高校45.3%54.7%429517
川崎高校42.1%57.9%373514
川崎北高校44.6%55.4%400496
百合丘高校43.7%56.3%460592
市立幸高校41.1%58.9%283406
生田東高校49.7%50.3%454460
菅高校55.0%45.0%553452
麻生総合高校44.0%56.0%233296
大師高校51.3%48.7%290275
川崎総合科学高校73.5%26.5%504182
川崎工科高校95.5%4.5%60929
向の岡工業高校94.7%5.3%58733
市立川崎高校32.1%67.9%195413
光陵高校51.4%48.6%487460
希望ケ丘高校54.7%45.3%578479
横浜平沼高校35.1%64.9%332614
市立桜丘高校49.5%50.5%466476
市立戸塚高校42.2%57.8%398545
松陽高校51.6%48.4%428402
瀬谷高校62.8%37.2%596353
金井高校62.9%37.1%613361
舞岡高校61.4%38.6%578363
旭高校59.5%40.5%560381
上矢部高校38.3%61.7%337542
横浜緑園高校30.4%69.6%220503
横浜桜陽高校46.1%53.9%351410
保土ケ谷高校60.3%39.7%499329
横浜旭陵高校52.0%48.0%341315
商工高校75.2%24.8%468154
二俣川看護福祉高校12.1%87.9%53386
柏陽高校51.1%48.9%472451
横浜緑ケ丘高校41.3%58.7%346491
市立金沢高校52.7%47.3%500449
市立南高校47.8%52.2%276301
横浜栄高校56.4%43.6%529409
みなと総合高校21.1%78.9%146545
横浜氷取沢高校54.8%45.2%579477
横浜清陵高校46.3%53.7%383445
横浜立野高校26.5%73.5%198550
横浜南陵高校60.4%39.6%450295
金沢総合高校30.9%69.1%258576
永谷高校53.3%46.7%219192
釜利谷高校41.0%59.0%271390
横浜国際高校24.6%75.4%133408
横浜商業高校40.9%59.1%334483
磯子工業高校95.9%4.1%56824
横浜明朋高校53.8%46.2%333286
横浜総合高校49.6%50.4%491498
横須賀高校59.0%41.0%487338
追浜高校49.3%50.7%411423
横須賀大津高校51.8%48.2%470438
横須賀総合高校51.9%48.1%494458
津久井浜高校54.7%45.3%398330
逗葉高校47.7%52.3%402441
三浦初声高校41.2%58.8%241344
横須賀南高校33.5%66.5%181360
横須賀工業高校84.2%15.8%533100
海洋科学高校85.9%14.1%29849
湘南高校54.6%45.4%584486
鎌倉高校51.2%48.8%486464
茅ケ崎北陵高校55.7%44.3%462367
大船高校47.2%52.8%557622
七里ガ浜高校44.8%55.2%500615
藤沢西高校39.9%60.1%348524
湘南台高校43.0%57.0%336445
鶴嶺高校38.9%61.1%454712
茅ケ崎高校47.9%52.1%421458
深沢高校52.0%48.0%343317
藤沢清流高校57.6%42.4%493363
藤沢総合高校26.7%73.3%220604
茅ケ崎西浜高校47.3%52.7%491546
寒川高校55.8%44.2%428339
藤沢工科高校88.2%11.8%51869
平塚江南高校56.4%43.6%534412
秦野高校57.0%43.0%618466
大磯高校51.4%48.6%424401
伊志田高校49.4%50.6%398408
秦野曽屋高校40.3%59.7%310460
伊勢原高校43.6%56.4%345446
高浜高校44.2%55.8%306387
二宮高校43.7%56.3%326420
秦野総合高校58.0%42.0%359260
座間総合高校38.9%61.1%291457
平塚湘風高校52.9%47.1%303270
平塚農商高校37.1%62.9%356603
平塚工科高校95.7%4.3%56325
小田原高校50.9%49.1%487469
西湘高校48.5%51.5%455483
足柄高校58.0%42.0%426308
山北高校63.0%37.0%356209
大井高校52.3%47.7%197180
小田原東高校43.7%56.3%265341
吉田島高校36.5%63.5%147256
小田原城北工業高校81.5%18.5%41494
厚木高校60.1%39.9%642426
大和高校54.7%45.3%458380
海老名高校49.0%51.0%580604
座間高校55.3%44.7%457370
大和西高校47.8%52.2%397434
厚木東高校40.3%59.7%285422
有馬高校38.3%61.7%362582
厚木西高校52.4%47.6%396360
綾瀬高校46.8%53.2%465528
厚木北高校66.4%33.6%507256
大和南高校55.8%44.2%518411
厚木清南高校33.9%66.1%226441
綾瀬西高校51.4%48.6%446422
愛川高校59.3%40.7%372255
大和東高校50.9%49.1%316305
中央農業高校40.6%59.4%227332
厚木商業高校43.8%56.2%297381
相模向陽館高校52.6%47.4%491443
相模原高校51.0%49.0%422406
相模原弥栄高校39.9%60.1%421634
麻溝台高校49.5%50.5%532543
上溝南高校49.0%51.0%521543
橋本高校39.9%60.1%339510
上溝高校42.5%57.5%305413
上鶴間高校52.2%47.8%480439
相模田名高校57.9%42.1%472343
城山高校56.0%44.0%456359
津久井高校57.2%42.8%218163
神奈川総合産業高校68.6%31.4%478219
相原高校32.7%67.3%230473

広告


関連記事

神奈川県公立高校 学校別男女比 2023 入試用 普通科等〔晶文社版〕
https://kanagaku.com/archives/56609


簡素な考察

男子比率が高い高校

男子比率が高いのは工業高校です。1位から5位までがずっと工業高校で、6位に海洋科学高校をはさみ、9位までまた工業高校です。

10 位の商工高校は総合技術科と総合ビジネス科とを設置している高校(工業高校&商業高校)。

11 位から 13 位までの KST, YSFH, LiSA も納得です。

15 位の厚木北、16 位の山北はスポーツが盛んな学校(厚木北は普通科とスポーツ科学科とを併置。山北はもともと山北町立山北実科高等女学校だったものの、1950 年から現校名で共学化。過去には体育コース、スポーツリーダーコースを設置していて、現在は男子比率の方が高い)。

女子比率が高い高校

二俣川看護福祉高校の女子比率が突出して高いです。看護科と福祉科とをもつ専門学科の高校。上級学校へと進学し資格を取得した上で就職します(高校で取れる資格は福祉科の「介護職員初任者研修」修了)。

2位のみなと総合高校は総合学科で制服が人気。自由な校風。石川町駅から近く、通学路が広く明るい学校でもあります。

3位、横浜国際高校はその名の通り国際系の学校。自由な校風。標準服制でブレザーのみ学校指定のものあり。

4位、横浜立野高校は昭和 11 年4月に横浜第二高等女学校として第1期生を迎えた伝統校。現在、校地は中区本牧に落ち着いています。


原注

記事作成のアンケート調査は,2021 年秋に実施しています。

※『案内』(9) ページ.


Twitter 声の教育社


YouTube 声の教育社


参考文献

声の教育社,2023 年度用 神奈川県 高校受験案内54 ~ 296 ページ,2022 年7月 初版第1刷.