城郷高校野球部、2021 夏の選手権大会を辞退。コロナ禍で

神奈川県立城郷高校の野球部は 17 日、藤沢八部球場で予定されていた鎌倉学園との試合(第 103 回 全国高校野球選手権 神奈川大会)を急遽辞退しました。

神奈川県のホームページによれば、同校と横浜翠嵐高校(定時制)とに勤務する先生が新型コロナ陽性となり、16 日にそれを報告。17 日は保健所による濃厚接触者の特定のために部活動等の教育活動を中止しました。

県立高校はこれまで高校で判明した新型コロナ陽性に関し、

  • 教職員の場合には学校名まで公開
  • 生徒の場合には市町村まで公開

という形で、おそらくすべての事例を県ホームページで発表してきました。

各高校の対応もそれぞれの発表に付されており、それら発表からは今回の城郷高校の対応が県立高校として一貫性のある対応だったことがわかります。

野球部のみなさんにとっては非常に残念だったと思いますが、

  • 勇気を持って学校に陽性を報告した先生
  • 非難も予想されるなか整合性と安全性とを重視した対応を貫いた高校

のそれぞれが高く評価されるべきだと思われますし、今回の事態をきちんと受け止めた城郷球児のみなさんはさらに高く評価されるべきでしょう。

奇しくも同じ鎌倉学園と同日予定されていたサッカー部の試合については、大会日程に余裕があったため延期で実施可能だったものと憶測されます。


Twitter

野球部

サッカー部


参考文献

神奈川県教育委員会,「横浜市内の県立学校教員の新型コロナウイルス感染症患者の発生について」,http://www.pref.kanagawa.jp/docs/y4g/prs/r6700857.html,2021 年7月 18 日掲載.