公明党議員の質疑、中学受験生1月の小学校休みに無影響か

文部科学省は 18 日、

新型コロナウイルス感染症等により登校できない児童生徒等の出席等の取扱いについて(周知)

と題した事務連絡を行いました。

この内容に関しては、公明党の浮島とも子衆議院議員が先月 14 日の文部科学委員会で「保護者は子どもを学校に行かせるかどうかについて選択肢を持たない」という趣旨の質疑を行っており、教育家庭新聞に、

中学受験目的の自主休校「望ましくない」 文科省、近く通知

と題する記事が掲載されていました。

今回の事務連絡は表題に「(周知)」とあるとおり、これまでの通知からの内容変更を伴うものではありません。

浮島とも子衆議院議員の質疑は文科省に新たな通知を出させられなさそうであり、「中学受験目的の自主休校」と書かれた、主に1月に小学校を休む選択についても、従来通りで大丈夫そうです。


関連記事

保護者には子どもを登校させるかどうかの選択肢ない 公明
https://kanagaku.com/archives/46502


参考文献

文部科学省

文部科学省,「新型コロナウイルス感染症等により登校できない児童生徒等の出席等の取扱いについて(周知)」,https://www.mext.go.jp/content/20210518-mxt_syoto02-000007000_1.pdf,2021(令和3)年5月 18 日.

https://megalodon.jp/ref/2021-0523-0416-51/https://www.mext.go.jp:443/content/20210518-mxt_syoto02-000007000_1.pdf

教育家庭新聞

教育家庭新聞,「中学受験目的の自主休校「望ましくない」 文科省、近く通知」,https://web.archive.org/web/20210414120445/https://www.kyobun.co.jp/news/20210414_05/,2021 年4月 16 日閲覧.