私立高校 内申基準早見表

働く母親の割合、15 年間増加傾向が続く 正規・非正規とも

厚生労働省の令和元(2019)年度「国民生活基礎調査」によれば、児童(18 歳未満の未婚の者)がいる世帯では、ここ 15 年間、正規・非正規ともに、働く母親の割合が増加傾向にあります。

2004 年から 2019 年にかけてのトレンド。2016 年から 2018 年にかけて一部例外があるものの、全体的な傾向は変わりません。

※下表青字は調査年の間隔に注意する部分。各項目の単位は「%」。「正規」「非正規」「その他」の3項目はすべて「仕事あり」の内数。


「児童のいる世帯における母の仕事の状況の年次推移」

調査年仕事あり正規非正規その他仕事なし
200456.716.926.213.643.3
200759.416.329.513.640.6
201060.216.931.212.139.8
201363.119.434.69.036.9
201465.720.934.99.934.3
201568.122.437.28.431.9
201667.222.036.38.932.8
201770.824.737.09.129.2
201872.226.336.99.027.8
201972.426.237.88.527.6

広告


原注

  • 1) 2016(平成 28 )年の数値は、熊本県を除いたものである。
  • 2) 母の「仕事の有無不詳」を含まない。
  • 3) 「その他」には、会社・団体等の役員、自営業主、家族従業者、内職、その他、勤めか自営か不詳及び勤め先での呼称不詳を含む。

関連記事

舞田敏彦,「日本女性のフルタイム就業率は過去 30 年で低下した」『ニューズウィーク日本版』,https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/10/30-46_1.php,2020 年 10 月8日.

※舞田氏の用いたデータは「2017 ~ 20 年に各国の研究者が共同で実施した『世界価値観調査』」。


参考文献

厚生労働省,「表6 児童のいる世帯における母の仕事の状況の年次推移」『2019 年 国民生活基礎調査の概況』,https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa19/dl/02.pdf#page=6,2020 年 11 月 11 日閲覧.

厚生労働省,『2019 年 国民生活基礎調査の概況』,https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa19/index.html,2020 年 11 月 11 日閲覧.

Internet Archive

https://web.archive.org/web/20201111034723/https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa19/index.html