県立高校通常登校前倒し 24 日に記者会見で詳細公表

神奈川新聞は 24 日の 17 面(「地域 広域」面)に

県立の通常登校
開始時期前倒し

県教委が方針変更

と題した記事を掲載しました(石川泰大 記者)。

記事によれば、23 日の県議会本会議で、桐谷教育長が県立学校通常登校開始時期の「前倒しを図っていく」と述べたといいます。

神奈川新聞社の取材に対し、県教委は「詳細な時期については詰めの検討中」として、24 日に記者会見を開いて公表するとした

ということで、きょうの内にも情報が出回るものと思われます。

※6月 24 日現在は当初予定の「分散登校」の時期にあたります。

※引用文中の強調はカナガクによります。

【参考】記者発表資料 県政記者クラブ 2020

広告


県立高校再開スケジュール当初予定

いつからいつまで段階登校回数授業時間在校時間
06/01(月)06/05(金)準備期間週1回-2時間以内
06/08(月)06/20(分散登校Ⅰ週2回40 分×33時間以内
06/22(月)06/27(分散登校Ⅱ週3回40 分×33時間以内
06/29(月)07/04(時差短縮Ⅰ週5回程度40 分×33時間以内
07/06(月)08/29(時差短縮Ⅱ週5回程度40 分×6-
08/31(月)-通常登校週5回程度50 分×6(学校による)-

Notes

「通常登校の開始後、学校及び生徒の実情に応じて、週休日における授業(土曜授業)の実施を可能とする」

昼食

  • 分散登校Ⅱまで昼食なし。
  • 時差短縮Ⅰで昼食可。
  • 時差短縮Ⅱから昼食あり。

部活動

  • 部活動の再開は「時差短縮Ⅰ」の期間から。
  • 「時差短縮Ⅱ-1(3週間程度)」では、「週休日の活動は実施しない」。
  • 「時差短縮Ⅱ-2(3週間程度)」では、「週休日の各部活動の活動時間は、準備片付けを含め 180 分までとすること。ただし、週1日を上限とする」。

「時差短縮Ⅱ」以降の期間については、部活動インストラクター等、校長が認めた外部指導者の参加は可とする。