令和3年度 神奈川県公立高校入試日程

森村学園「三権分立は基本中の基本」国会論戦の意義も問う

「三権分立は基本中の基本」

森村学園中学校は 2018 年6月 20 日、塾対象説明会で中等部入試問題講評を配布しました。

講評のなかで学園は受験生に、

三権分立は基本中の基本なので、正確な知識を定着させてほしい。

と求めています。2018 年度入試第3回「社会」大問3 問1に対するコメント。

問題自体はかんたんで、

三権分立において内閣が持つ権限を何と言いますか。答えなさい。

というものでした。

国会で議論することの意義

また、同問2は

下線部②の意見〔「結論は決まっているのだから議論するだけ時間の無駄だし、国会は不要なのではないか」〕は、国会で議論することの重要性を見落としています。国会で議論することの重要性はどこにあるのですか。説明しなさい。

というもの。

学校発表の模範解答は

熟議することで、有権者に争点を明示できる。

です。こちらはかなり難しかったように思えますが、講評によれば「概ねよくできていた」といいます。森村を受験したみなさんのレベルの高さや、理社の1行記述問題への十分な対策がうかがえます。講評は

選挙で議会内多数派が組閣するにもかかわらず、なぜ国会が存在しているのか、その固有の存在意義を問い直すような根本的な問題意識を持ってもらいたい。

とコメントしています。

広告


Sources

森村学園中等部,「平成 30 年度(2018 年度)森村学園中等部入学試験問題講評」,2018 年6月 20 日.

森村学園中等部,「過去の入試問題」,https://www.morimura.ac.jp/jsh/admission/past/,2020 年5月 10 日閲覧.


参考