神奈川県入試 暫定倍率 2020

七里ガ浜高校と鎌倉高校が『南西の風やや強く』に登場

吉野万理子の近刊『南西の風やや強く』に、校名こそ伏せられているものの、七里ガ浜高校鎌倉高校とが登場します。


『南西の風やや強く』あらすじ

狩野伊吹(かのう・いぶき)は、エリートの父親から「首都圏でもっとも難関だと言われる中高の一つ」聖慶学園中学校に進学することを期待されていた。しかし、自らの意志で公立中学校へと進む。父親を襲ったがんに悩み、また、幼馴染の東谷由貴(ひがしたに・ゆき)との距離を縮めつつ、伊吹は高校3年生になっていく。

広告


七里ガ浜高校

物語が始まって間もなく、伊吹が石島多朗(いしじま・たろう)と長谷から江ノ島まで歩く場面で登場します(31 ページ)。

少し歩くと、右手に大きな建物が二つ見えてきた。一つは線路のすぐ横の公立高校。……もう一つは坂を上った丘にある大きなホテル。

「ホテル」は鎌倉プリンスホテルです。


鎌倉高校

鎌倉高校は伊吹が「横浜恒陽高校」に進学したあとに登場します(121 ページ)。

おれたちの地元には、人気漫画のモデルにもなっている公立高校がある。江ノ電から徒歩すぐの坂道に建っていて、通学が大変そうな遠方からも、わざわざ受験〔原文ママ〕しにくる生徒が大勢いるのだ。せっかくなら、そこを受けたらどうかと先生には言われた。

広告


参考


Sources

吉野万理子,『南西の風やや強く』,2018 年7月 20 日,あすなろ書房.