全公立展2018 服装は私服がおすすめ A4マチ付バッグも便利


6月16日、パシフィコ横浜では「全公立展2018」が開催されます。

全公立展に行くときの服装は、私服で構いません。例年、蒸し暑くなることが多いですし、動きやすさ、全公立展が終わった後のことを考えても、制服よりも私服がおすすめです。

また、もらった資料を入れるために「A4サイズのマチ付バッグ」があると便利です。

全公立展2018 チラシ表

広告



服装は私服がおすすめ

全公立展公式ホームページには、参加の際の服装について

服装は自由です。例年私服で来られる方が多数です。多くの方で混雑が予想されるため、動きやすい格好で来場ください

という記載があります。

http://zenkouritsuten.jp/qa/

過去の様子をカナロコの動画で見ると、制服の方も多いようですが、私服でも「浮いた」感じにはなりません。

どのような服装で行ったとしても、それが合否に影響することはありません。


A4サイズのマチ付バッグ

全公立展入場時には、さまざまな学習塾がかばんを配ってくれます。そのかばんに高校の資料を入れてくださいということなのですが、例年、かばんのサイズが大きいです。

各高校で配られる資料はA4サイズ(ふつうのクリアファイルの大きさ。ふつうのノート(B5)よりもひと回り大きい大きさ)であることが多いです。

ところが、学習塾が配ってくれるかばんは、それよりもはるかに大きいサイズです。これだと、もらった資料がかばんの中で動き、折れたり曲がってしまうことがあります。

そこで、よく私立高校が説明会で配布するような、A4サイズのマチ付バッグ・紙袋を持っていくと、資料を傷めずに持ち帰れて便利です。チラシだけを配っているところも多いので、クリアファイルも持っていくと、なお万全の備えになるでしょう。


参考

待ち時間

全公立展の混雑は午後には緩和 開場直後は120分待ちも

過去の全公立展


Related Posts

広告


Tags

Ads: スタディサプリ, Z会, マイナビ進学