『週刊朝日』「旧制一中の系譜を受け継ぐ公立名門校の実力」②


『週刊朝日』2017年5月19日号は、

短期集中連載 旧制一中の系譜を受け継ぐ公立名門校の実力 第2回
進学実績以外でも全国レベルの活躍を見せる「旧制一中」

と題した記事を掲載しました。

「旧制一中」とは

戦前の旧学校制度において「中学校」とは、主に12歳から17歳までを過ごす男子校だった。

中でも大半の都道府県にあった「第一中学校」と名のつく中学校が旧制一中。入学には厳しい試験が課され、受験浪人もいた。戦後、学校制度が改められ、「新制の高等学校」へと姿を変えた。

記事中、神奈川県の「旧制一中」である希望ケ丘高校は、「全国レベルで活躍する主な部活動」の一覧表に登場します。

広告


全国レベルで活躍する神高の部活動

希望ケ丘高校にある、「全国レベルで活躍する主な部活動」は、以下の3つです。

陸上競技部

剣道部

MFC漫画ファンクラブ

※ 各校アンケートから

Twitter


Related Posts

広告


Tags

Ads: 日能研, スタディサプリ, Z会, マイナビ進学