首都圏模試センターが2014年度 小5 第1回統一合判の申込受付を開始


2014年度 第1回 小5統一合判6月2日(月)、首都圏模試センター「小5 第1回統一合判」申込受付を開始しました。

昨年度までは「小5目標校シミュレーション」という名称でしたが、今年度より小6と揃えて「統一合判」となります。

日程

はがき申込は6月28日()必着、インターネット申込は7月1日(火)までです。

受験票は6月26(木)より随時発送されます。試験日は7月6日(です。

成績表の発送は7月11日(金)で、翌日7月12日()以降個人申し込みの場合には自宅に、塾申し込み(個別決済でない)の場合には塾に成績表が到着します。

申込方法

ハガキ、インターネット、センター窓口、塾申し込みのいずれかの方法で申し込みます。

ハガキ申込の注意点

ハガキで申し込む場合には電話(TEL:03-5275-2557)またはホームページの資料請求用フォームから専用ハガキの請求を行います。官製はがきでの申し込みはできません。

塾申込の注意点

塾申し込みの場合でも、教室によっては個別指導塾・家庭教師向けの個別決済が導入されている場合があるので注意が必要です。

個別決済ではインターネット申込用のID・パスワードとハガキ申込用のハガキがセットになった厚紙を塾から渡されますので、それを使って申し込むことになります。

試験範囲

国語

物語文・小説、論説・説明文、詩、かなの知識、漢字・熟語の知識、ことばのきまりなど

算数

整数・小数のしくみと計算、大きな数、約数と倍数、分数のしくみと計算、角度を求める問題
面積、立方体・直方体(角柱と円柱は除く)、周期算、等差数列とその和、つるかめ算

理科

種子のつくりと発芽のようす、氷・水・水蒸気てんびん、植物の成長と養分

社会

地図の見方(地図記号、縮尺、緯度・経度など)、各地の人々のくらし、日本の国土(地形、気候、都道府県など)

対策

中堅校受験者が多く集まる首都圏模試では、「基本的な問題を確実に解く力」が求められます。

算数では計算と1行問題(大問1と2)でしっかりと得点を確保しましょう。これに加えて平易な選択問題や各大問の(1)などで点数を上積みすれば、ある程度の偏差値を出せるはずです。配点は例年どれも5点です。簡単な問題でミスをしないよう気をつけましょう。

国語は普段塾の授業や宿題で扱っている文章よりも長い文章に戸惑う場合があると思います。過去問などで形式や分量をしっかりと把握しておきましょう。漢字や知識の問題をはじめに手早く解いておく作戦も考えられます。

理科・社会は過去問を使っての対策が有効です。Amazonなどで過去問を手に入れ、数年度分を繰り返し演習しましょう。

  

特に理科は範囲が極めて限られていますので、過去問研究を通じて出題を予想することがかなり容易です。出題範囲で昨年までの「てことてんびん」がただの「てんびん」に、「気温・地温の変化」が「氷・水・水蒸気」に変わっていることにだけ注意しましょう。「氷・水・水蒸気」はこれまで9月に出題されていた項目です。

社会の範囲にはまだ産業別学習(「日本の農業」など)が入りません。入試でも頻出の「地図の見方」をしっかりとおさらいしたうえで、「日本の国土」を塾でいま扱っている単元とうまく関連づけておさえておけると良いでしょう。

参考

※ 首都圏模試センター,http://www.syutoken-mosi.co.jp/


Related Posts

広告


Tags

Ads: 日能研, スタディサプリ, Z会, マイナビ進学