『伊曽保物語』「鳩と蟻のこと」定期試験問題 横浜市立高校 H24


平成24年度 横浜市立高校1年生 前期中間試験では、『伊曽保物語』「鳩と蟻のこと」から以下のような問題が出題されました。

『伊曽保物語』「鳩と蟻のこと」定期試験問題 公立 H24

問一

傍線部②〔梢〕④〔竿〕の読みを歴史的仮名遣いで書きなさい。(2×1=2点)

問二

傍線部①③⑤⑧を口語訳しなさい。(4×2=8点)

※各傍線部の内容は以下の通りです。

  • ① かの蟻をさそひ流る
  • ③ あはれなるありさまかな
  • ⑤ 恩を送らむものを
  • ⑧ いかさまにもその報ひをせばや

問三

傍線部⑥〔そのものの色や知る〕に使われている法則は何という法則か書きなさい。(2点)

問四

傍線部⑦の「これ」が指すものを書きなさい。(2点)

※ しかるに、鳩これをさとりて、いづくともなく飛び去りぬ。

問五

この文章が載っている作品名を漢字で書きなさい。また、この本は何を翻訳したものか書きなさい。(2×2=4点)


参考

※ Z会,「伊曾保物語『鳩と蟻のこと』」,http://www.zkai.co.jp/mypage/ebook/contents/pdf/l_k1_kobun_guide_1/F_36-39.pdf,2014年5月11日閲覧.





Related Posts

広告


Tags

Ads: 日能研, スタディサプリ, Z会, マイナビ進学
Tags: