新川和江「わたしを束ねないで」定期試験問題 横浜市立中学校 H24


平成24年度 横浜市立中学校3年生 前期中間試験では、新川和江の詩「わたしを束ねないで」から以下のような問題が出題されました。

新川和江「わたしを束ねないで」定期試験問題 公立 H24

問一

A「白い葱のように」・B「わたしは稲穂」とあるが、そこで使われている表現技法をア~カから一つずつ選び、記号で答えなさい。

  • ア 反復法
  • イ 倒置法
  • ウ 直喩
  • エ 暗喩
  • オ 対句法
  • カ 擬人法

問二

次の[あ][い]の鑑賞文は何連について書かれたものか。それぞれ数字で答えなさい。

  • あ 『筆者の、決められた役割に縛られたくないという願いがストレートに伝わってきました。自分は自分としてあるがままに生きていきたいのだと思います。』
  • い 『筆者は、どこかに固定され、同じ場所にとどまることを拒否しているのだろうと思う。ひたすらに広い世界を求めていることが伝わってきた。』

問三

「~のような」または「~のようだ」を使った文をひとつ書きなさい。ただし、十二字以上で書き、最後に必ず「。」をつけること!


  


Related Posts

広告


Tags

Ads: 日能研, スタディサプリ, Z会, マイナビ進学
Tags: