川崎市の教科書採択地区が統合 全市立小中学校で同じ教科書に


神奈川県教育委員会は25日、

平成29年度教科用図書の採択における採択地区について

川崎市の教科書採択地区を統合する議案を原案通り可決しました。

神奈川新聞によれば、これまで「川崎市は全国の政令指定都市のなかで唯一、採択地区を市内で複数に分けて」いました。

採択地区統合の理由

採択地区を1地区に統合する理由は、以下の4つです。

  1. 川崎市の教員の教科研究活動が盛んで、その成果が全市で共有されている
  2. 教科書の調査・研究の精度向上が期待される
  3. 転校した場合、市内1地区なら教科書が共通
  4. 共通の教科書ならば既に学んだ事項の差異がなくなり、市の診断テストの作業が軽減され適切な問題を作成できる

関連する請願はすべて不採択に

この議案を巡って出されていた以下の請願はすべて不採択となりました。

  • 請願第2号 「川崎市の教科書採択地区統合に反対する請願」(6月14日収受分)について
  • 請願第3号 「川崎市の教科書採択地区統合に反対する請願」(6月21日収受分)について
  • 請願第5号 「川崎市の教科書採択地区統合に反対する請願」(7月13日収受分)について
  • 請願第11号 「川崎市の教科書採択地区統合に賛同する請願」について

参考

神奈川県教育委員会,「10月臨時会開催のお知らせ」, http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f4139/p1079282.html ,2016年10月20日.

Source

カナロコ|神奈川新聞ニュース,「教科書採択地区を統合 川崎市立小中学校」, http://www.kanaloco.jp/article/208165 ,2016年10月26日.


Related Posts

広告


Tags

Ads: 日能研, スタディサプリ, Z会, マイナビ進学