『週刊朝日』 結束の王者 三田会


『週刊朝日』2016年10月7日増大号(9月27日発売)は、

結束の王者 三田会

  • 慶応大寄付金80億円の大黒柱
  • 大懇親会10年ごとに”当番”
  • 卒業生35万人 住所判明85%超

と題した記事を掲載しました。

慶應義塾大学の卒業生によって作られる「三田会」は、最近特に注目を集めています。少し前にも『週刊ダイヤモンド』が特集を組みました。

広告


大学時代に作られた人脈は、社会に出てから生きてくるといいます。

早稲田実業の清宮幸太郎選手を育てた、父 克幸さんが『プレジデントFamily』2012年1月号のインタビューに答えています。

大切なのは、仲間です。……大学時代に培った絆が、社会に出たとき自分にプラスに働くことは、生きていくうえで非常に有利です。……卒業した大学の名前が、社会に出てから「人脈」として機能するのは、やはり偏差値の高い大学でしょう。


大学受験で志望校を考えるとき、「同窓会の影響力」を考慮に入れる時代になってきているのかもしれません。

参考

清宮幸太郎を育てた、父 克幸さんの教育方針とは


Related Posts

広告


Tags

Ads: 日能研, スタディサプリ, Z会, マイナビ進学