工藤直子「野原はうたう」定期試験問題 横浜市立中学校 H25


平成25年度 横浜市立中学校1年生 前期中間試験では、工藤直子の詩「野原はうたう」から以下のような問題が出題されました。

工藤直子「野原はうたう」定期試験問題 公立 H25

問題一

Aの詩〔ねがいごと〕で、「あいたくて」という言葉を四回くり返すことで、どのような気持ちが表されていますか。次から一つ選び、記号で答えなさい。

  • ア 会いたいと強く願う気持ち。
  • イ 出会えたことをうれしく思う気持ち。
  • ウ 会えなくて残念に感じる気持ち。
  • エ 会えるかもしれないと期待する気持ち。

問題二

Aの詩の「きょうも」という言葉から、どのようなことが読み取れるかを書きなさい。

問題三

Bの詩〔おれはかまきり〕で、夏の太陽の様子を描いた部分を、一行すべて書き出しなさい。

問題四

Bの詩の「ひかってるぜ」で、光っているものすべて書き出しなさい。

問題五

Bの詩の「おれは がんばるぜ」とは何をがんばろうとしているのか書きなさい。

問題六

Bの詩の「きまってるぜ」とは、何が決まっているのか書き出しなさい。

問題七

Bの詩は、どんなことを表しているか、次から一つ選び記号で答えなさい。

  • ア 敵から逃げようとする必死な様子。
  • イ えさが取れず、いらだつ様子。
  • ウ 暑くても、元気にはりきる様子。
  • エ 暑さで弱り、ふらつく様子。

参考

杉みき子「にじの見える橋」定期試験問題 横浜市立中学校 H25

桑原茂夫「ちょっと立ち止まって」定期試験問題 横浜市立中学校 H24


  

 


Related Posts

広告


Tags

Ads: 日能研, スタディサプリ, Z会, マイナビ進学
Tags: