中学校の通知表で観点別評価の合計値から評定値を求める(5観点)


神奈川県が作成した公立中学校用の「評価資料集」に掲載されている、

観点別学習状況の評価から評定への総括に至るモデル

です(国語)。

「C」から「Aマル」までの観点別評価が、どのように「1」から「5」までの評定値を決定するのでしょうか。

観点別評価から5段階評定への総括に至るモデル

神奈川県公立中学校の観点別評価(5観点)

広告


計算の例

「Aマル」がひとつでもあれば、「1」はつかない

もし5つの観点のうち、ひとつでも「Aマル」があれば、評定値で「1」がつくことはありません。

「1」がつくのは観点別評価の合計値が「8点以下」となった場合です。「Aマル」ひとつで「5点」を獲得できるため、他の観点がすべて「C」だったとしても、観点別評価の合計値は「9点」となり、評定値は「2」となります。

「C」がひとつでもあれば、「5」は取れない

もし5つの観点のうち、ひとつでも「C」があれば、評定値で「5」を取ることはできません。

「5」を取れるのは観点別評価の合計値が「22点以上」となった場合です。「C」ひとつで「4点の失点」となるため、他の観点がすべて「Aマル」だったとしても、観点別評価の合計値は「21点」となり、評定値は「4」となります。


Related Posts

広告


Tags

Ads: 日能研, スタディサプリ, Z会, マイナビ進学