横浜創英高校サッカー部に特進コースの生徒は入ることができない


横浜創英高校のサッカー部には、特進コースの生徒が入れません。

2016年度入試に向けて9月9日に行われた学校説明会で、入試広報部部長の稲垣勝二先生がお話しされました。

横浜創英高校パンフレット 平成28年度入試向け

横浜創英高校サッカー部

横浜創英には全国レベルの強さを誇る部活動が多くあります。常光誠治先生率いる吹奏楽部が有名ですが、サッカー部もまったく引けを取らない強豪です。

今年度は全国総体神奈川県予選で優勝し、インターハイに出場しました(2回戦で、惜しくもPK戦で敗退)。

それほど強いサッカー部ですから、特進コースのなかにも入部を希望する生徒がいそうです。しかし、特進コースのみなさんはサッカー部に入ることができません。

なぜ特進はサッカー部に入れないのか

横浜創英高校のサッカー部は、十日市場にある横浜創英大学のグラウンドを練習場としています。そのため、特進コースの生徒の場合、勉強が終わったあと移動して練習するには時間が足りません。

このように「時間的に勉強と部活動とを両立できない」ため、特進コースからはサッカー部への入部は許可されていません。

広告


特進クラスの勉強

横浜創英高校の特進クラスでは、週に3日、7時間目まで授業がある曜日が設定されています。

さらに、残りの2日についても、サテネットを使うことができます。文理コース・普通コースの場合、サテネットを使えるのは3年生になってからですから、特進コースは恵まれた勉強環境を用意されています。

特進コースでは勉強での、あるいは他の部活動での活躍が期待されています。

参考


Related Posts

広告


Tags

Ads: 日能研, スタディサプリ, Z会, マイナビ進学