『蛍雪時代』2016年7月号に横浜緑ケ丘‐横浜国大の先輩が登場


『螢雪時代』2016年7月号の特集「難関大合格のカギ! 苦手&弱点攻略法」に、横浜緑ケ丘高校から横浜国立大学へと進学した白瀬剛先輩が、カラーで3ページにわたって後輩へのアドバイスを寄せています。

広告


白瀬先輩がアドバイスを寄せたのは、特集内の「合格体験記 苦手を飛躍に変えた先輩たちの記録」というコーナーです。

先輩はもともと物理が苦手だったそうです。苦手の理由は公立の現役生らしいものです。

高校での学習が終わったのは冬休み前ギリギリでした。授業のスピードも早く、……ついていくのがやっとでした。まだ公式が身についていないまま授業が先へ先へと進んでしまい、電磁気をやる頃には熱力学の公式が頭からほぼ飛んでしまっているような状態でした。ひと通り全部学び終わったのが遅かったこともあり、模試の結果が最後まで上がらなかったことも不安要因でした。

こうした状態だったにもかかわらず、白瀬先輩は自分で「克服のための学習」法を考えて、センター物理80点を叩き出しました。


この他、「『化学』が苦手な人へオススメ学習法」、「理系受験生の文系科目対策アドバイス」など、誌面には興味深い「先輩アドバイス」が多く掲載されています。


Related Posts

広告


Tags

Ads: 日能研, スタディサプリ, Z会, マイナビ進学